お口のお悩み検索

 
title 口臭対策 歯周病対策 知覚過敏対策 こどもの歯のケア 矯正中のケア ホワイトニング

【矯正中のオーラルケア】


矯正中は、ワイヤーや矯正装置を入れているため、通常の時よりも、歯磨きには注意が必要です。
矯正治療のために、固定式の装置を装着すると、数年(症例による)の間、ワイヤーやブラケット(装着器具)が歯面に付いたままになります。


その状態で食事をするため、装置の周囲に食べ物や歯垢が残りやすくなります。


したがって、時間をかけて丁寧に歯を磨かないと、装置の周囲が虫歯になりやすい状態です。


せっかく歯並びを治しても、虫歯が増えてしまったら、本末転倒です。





【矯正用歯ブラシの使い方】

毛先の形態が、ブラケット(装着器具)に合う歯ブラシを選びましょう。


★ワイヤーの上から - オルソU



★ワイヤーの横から - ディープΛ(ラムダ)、Ci902、Ci903



ディープΛ

ディープΛ

ディープΛ

Ci902,Ci903

Ci902,Ci903

また、細かな隙間の部分にはしっかり磨けるように、ワンタフト(凸型)もおすすめです。
矯正ワイヤーやブラケットまわりを磨く場合は、ワンタフト、インアングルワンタフトをご使用下さい。



ワンタフト「MICLIN」

ワンタフト「MICLIN」

ワンタフト「MICLIN」

■ワンタフト■


MICLIN

インアングルワンタフト




★お子様には - miniポイントブラシ



miniポイントブラシ



★歯間やワイヤの周りに - 歯間ブラシ



歯間ブラシ


★矯正中は小回りが利く歯ブラシで磨いて下さい。 - Ciアシスト、Ci700、Ci702、Ci703



Ciアシスト

Ci 700(超先細+フラット毛)

Ci702、Ci703




★電動歯ブラシを使うなら - ロタデント(U.S.A)



電動回転式ブラシ
ロタデント

ホローブラシでの清掃
本店