お口のお悩み検索

 
title 口臭対策 歯周病対策 知覚過敏対策 こどもの歯のケア 矯正中のケア ホワイトニング

【歯周病とは?】





〇と歯肉の堺い目の磨き残し(プラーク)がいつまでもとれないと、唾液が反応して歯石という固まりになります。


△修良縮未魯競薀競蕕靴討い襪里如雰收个良縮未鬟ぅ瓠璽犬靴堂爾気ぁ法更にプラークがつきやすくなり、きちんと磨かないとどんどん歯石化して歯茎の奥(中)の部分まで進行していきます。


歯を支える骨には、たくさんの毛細血管があり、細菌のかたまりである歯石がその毛細血管に触れると、細菌が血管を通じて、全身の内臓にまわり、内臓の病気を引き起こします。更に、血管を詰まらせる原因にもなります。


人間の体は、命を守ろうと働くので、歯石が深部に付着すると、逃げるように骨が下にさがっていって、 結果として骨がなくなって、歯がグラグラになるのが歯周病です。歯をだめにしても、 内臓を守ろうとする働きです。(トカゲが尻尾を捕まえられると、命を守るために、尻尾を切って逃げていくのと同じ現象です。)


したがって、歯と歯肉の堺い目(歯周ポケット部)が、磨けていることが重要です。



ワンタフト
MICLIN

ネオタフト


【歯周病対策】



 ポイント 攘譴出たり、痛い場合でもやわらかい歯ブラシで磨いて下さい。】


歯肉の境い目(ポケット部)に磨き残しのプラーク(細菌のかたまり)がたくさんあると、体の防衛反応で、それを殺すために白血球(血)が多く集まってきます。例えるならば、キレイな時に、血の量が10だとしたら、プラークが多くあると、100とか200になってきます。


普段なら定員が10人の所に100人入るイメージです。
定員オーバーになり、歯肉に血が集まりすぎて、風船がふくらんだような状態になります。


ですから、磨くと痛いし、すぐに血が出てくるので、歯ブラシがしにくいですが、原因は磨き残しなので、磨かないといつまでたっても状態は改善しません。


こんな時はやわらかめの歯ブラシを使って、治ってきたら、だんだん普通の硬さに戻していってくだいさい。


1〜2週間以上たっても、出血が少なくならないときは、かかりつけの歯科医にご相談下さい。




ポイント◆攣の間がすくように磨いて下さい】



歯ブラシにより、歯肉の血液量が減少して、風船がしぼむように歯の間がすいてきますので、これは治ってきたということです。

海外の調査では、歯周病で歯肉が腫れた状態を放置すると、10年で10个離好圈璽匹濃肉が下がってきます。
しかし、しっかりブラシングをして、歯の間を維持すると、10年で1个靴骨が下がりません。 つまり、約10倍長持ちするということです。


ポイント【歯の間の清掃には歯間ブラシとフロスも必要です】



歯ブラシだけでは、磨き残しが20〜30%ぐらい残ります。(歯列のほっぺた側と舌側しか、磨けないからです。)歯間ブラシや補助歯ブラシ、歯間が狭くて入らないところには、フロスが必要です。


ポイントぁ攣周病対策の歯磨き剤・洗口液も使いましょう。】



殺菌成分の配合された歯磨き。
歯ブラシの後には、洗口液も使って下さい。(特におやすみ前)


本店